2013年2月・3連休の関西旅 2日目・滋賀

JUGEMテーマ:旅行
 
静か過ぎてじっくり寝られた気がしなかったような。
5時半に目が覚めた。昨夜寝たのは0時過ぎだったから、全く寝不足解消できていない。
シャワーを浴びて着替え、TVを適当に見てから6時40分頃に朝食会場に降りる。

全国チェーンのビジホの朝食にしては種類も多いし、味も悪くない。
むしろ地方都市ではこの朝食と種類はありがたい。コンビニも少ない街だから、朝食食べようにも開いてる店が見つからないだろうし。

朝食を食べながら彦根城の開城時刻とひこにゃんの登場時刻、京都方面行き新快速の時刻を調べる。
8時30分開城らしいので、8時ちょっと前にはチェックアウトして、彦根城を周って10時半からひこにゃんを見て、新快速に乗って12時には京都に着く。このプランしかない。

7時55分にチェックアウト。近江鉄道の彦根駅構内を写真に撮り、彦根城に向かう。
日曜だというのに彦根駅から彦根城にかけて、高校生・中学生の軍団が。試合か部活かどっちだろう?

彦根城のチケット売り場に着くと、既に結構な待ち客が居た。
みなさん気が早いなぁ・・・
チケットを買って、開門と同時に入場。門をくぐったのは5番目だったけど、本丸・天守閣には一番乗りで到着!天守閣の一番上まで登った。『客として』本日一番のりぃ!

琵琶湖も湖岸の街も一望できる。国宝の城3つ目攻略完了。
天守閣の見物を終えて、続いて三の丸櫓を見物。こちらは壁の造りが戦闘に備えつつも無駄を省いた構造で、「へぇ〜!」「ほぉぉ〜」と感嘆するものだった。
天守閣よりも構造は面白いかも。

本丸付近の見物と写真撮影を終えて、黒門を通って玄宮園へ。
黒門・・・門が無かった(;・∀・)

玄宮園は落ち着いた大名庭園だった。どうしても大名庭園は同じような創りになってしまうけど、背後に天守閣が聳えているのは美しい。

雪の残り方も一層風格を増す気がする。

2013年2月・3連休の関西旅 1日目・滋賀

JUGEMテーマ:旅行

2013年2月9日

初めての京阪線だ。浜大津行きの直通電車に乗り込む。
ロングシートじゃなく、前方向を向いてる1-2シートだった。これも色々驚き。
市営地下鉄と分離する蹴上を出て地上区間になるとJRと並走したり、止まる駅がとにかくローカル線色いっぱいで驚き。都市間私鉄のイメージだったんだけど。
山越えに掛かると、ずいぶんな急勾配だなぁと乗っていて判るレベル。色々凄いぞ。

そして、山越えを終えたと思ったら、道路に出た・・・併用軌道区間があったのか?!
地下鉄に乗り入れる車両が山越えしてしかも併用軌道とは。
かなり珍しいんじゃないかと思ってぐぐってみたら、全国でここだけらしい。
知らないで来ちゃった(笑)
浜大津に近づくと、道路の交差点カーブのままに駅に入る構造なので、色々驚き。前方には琵琶湖が見えているし。
江ノ電もビックリだわ。
何となく乗ってみたかっただけだけど、ここは降りて写真撮りまくりに決定!

浜大津駅側から(5D  Mark2)


浜大津駅と交差点を挟んだトコから(5D  Mark2)

広告車両だったらしい。

2013年2月・3連休の関西旅 1日目・京都

JUGEMテーマ:旅行
 
2013年2月9日(土)
思い立って、いきなり京都へ。どうにもJR東海のCMに洗脳されたらしい(笑)
そうだ、京都へいこう
こんな簡単なキャッチーに長年洗脳されたら行きたくなるわ。

元々3連休はどこかへ行こうと思っていたけど、旧に京都に確定した為何の準備も無く、着替えと5D Mark2一式を担いで日本橋へ。
日本橋から東京駅の間の点在するチケットショップで新幹線の切符を買う。
一番安い店で12450円だった。
東京駅で新幹線の指定席を取得。あまり考えずに指定してしまったが、N700系にするのを忘れていた。
つまり、電源コンセント問題だ。

乗ってから知ったけど、一番前と一番後ろの席、つまり両端の壁にはユーザ用のコンセントが通常の700系にもあった。運よく1Cだったので真っ先にコンセント占領!(笑)
こういう時に三又タップを持ってくれば平等だったのにとちょっと後悔。
NRIに居た時、こういうところにも用意周到な鉄のSさんに呆れたが、なるほどなぁと会う事がなくなってから感心してしまった。
東北新幹線は電源が無いからネェ・・・

名古屋を過ぎ、気がつけば雪模様の関ヶ原を通り、雪がもっと多い米原を通過していく。
京都には定刻よりちょっと遅れたかな?12時40頃到着。ここまで2時間10分、やっぱり新幹線は速い。

行く所の当てなく京都に来てしまった。
1年ぶりの京都だけど、行きたい所は去年のどうでしょう的な早朝京都で巡ってしまった。
金閣寺や銀閣寺を周るのなら、拝観時間開始直後でないと激混みは必死。
三十三間堂でスプリンターごっこやるつもりはないし(笑)

とりあえずブラブラ歩いて東山から山科方面に歩いてみる事にする。
京都の目的はあまり無いけど、1つは山崎はできれば行きたい。
うっかりしていたけど、山崎と山科って全く逆方向だった・・・

駅前の烏丸通を北上して五条通まで歩く。京都駅前の八条・七条は間隔が狭く感じるのに、本願寺を越えてから三条二条方面に向かうと、間隔が長くなってる気がした。
五条から右手に清水が見えたので西に転進。
牛若と弁慶で有名な五条大橋に到着。

橋のたもとの中央分地帯に牛若と弁慶の石像が設置されているけど、あそこじゃ見に行けんがな。
(;´Д`)
更に西に歩いて五条坂に差し掛かり、若宮八幡宮を参詣して東大路との交差点に到着。

どうでしょうのサイコロ4的な旅・第3夜その9

JUGEMテーマ:旅行

伊勢市に着いたけど、伊勢神宮詣でといったら赤福。
でもうっかり買うのを忘れていた・・・時間はあまり無く、駅にある売店に山積になっていた小さめの赤福を一箱買う。

当然、自分で赤福を食べたくて買った訳じゃなく、どうでしょう好きなら誰でも知っている、赤福一箱勝負。どうでしょうならミスターに一箱食べさせるとか、朝食代わりに一箱食べさせるとか、そういうネタ用。元上司のどうでしょう好き専用の土産として・・・

赤福も確保できたので、名古屋までのJRの切符を買いホームへ。
少々遅れてきた快速みえを待つ。


座れなかったらどうしようと思ったが、ローカル線だし近鉄も並走している為に乗車率はそう高くなく、余裕で席を確保できた。
普段なら鉄道の旅を謳歌するのだけど、紀勢線と接続する多気までは風景も楽しかったが、伊勢鉄道線の合流と道床部分以外に興味が無く・・・工場地帯とベットタウンだけだし。
しかも、ずいぶんな大都市圏なのに単線の為、待ち時間も増えていた。
この待ち時間がまた退屈。いつもならフラッとホームに下りてみるけど、中途半端に短すぎてその隙も計れない。
快速みえの旅は『近鉄に乗れば良かったかな・・・?』と思う程度で終わってしまった。

名古屋に無事着いて、1時間半ほど時間余裕があった。
2時間以上あれば藤村Dの実家である、喫茶店に小倉トーストリベンジをしに行くところだけど、往復して小倉トーストをやるってのはチョイとキツイ。スマホの電池もモバイルバッテリーも使えなくなってしまったし。

軽く食べるか何か・・・充電できる所・・・と考えて名古屋駅を徘徊しようと画策。
まずは新幹線の改札口を確認してと。
すると、まさかの人身事故で大きくダイヤが乱れていた!
こんな時に事故?つか、どうやって新幹線で駅間で人身事故だって??

これは・・・逆に余裕が出来そう。現時点で30分から1時間の遅れなので、回復しても15分とか30分の遅れだろう。名古屋駅周辺なら何かできる!!

どうでしょうのサイコロ4的な旅・第3夜その8

JUGEMテーマ:旅行

にゃーたちと少々遊んでから、伊勢神宮内宮へ。

ロータリーから第1の鳥居。

あぁ、こっちが、水曜どうでしょう・サイコロ4で出たとこだな・・・
外宮かと思ってた。

外宮と違って入り口の鳥居・橋から大混雑。有象無象の人間がわんさかと集まってる。
こんなに神社に集まるのは初詣位だと思っていた。

あまりにも人が多く、しかも歩き方が遅いので、容赦無く後ろ・横からガンガンぶち抜いて歩く。

川に下りる事ができる所で、お金を投げ込んだり、お金を洗っている人を見た・・・
トレビの泉や銭洗弁天と勘違いしている・・・
石に手をかざすよりは余程、欲という汚れも落ちるとは思うけど・・・

人の多さに辟易しながらも、2つ目の鳥居をくぐるとやはり神気が溢れていた。
伊勢神宮って凄いなぁ・・・こんなに人だかりなのに、穢れていく早さよりも、神気に因る浄化の方が早いんだもの。

正宮に到着。しかし、石段まで人がわんさかと。
まるでその様子は、落ちた飴に群がる蟻の様だ。

一応、一方通行のようにしているが、あんな山手線状態なんか通ってられるか!!
横を走り登って鳥居の横から参拝して、来た道を戻る。
伊勢神宮も早朝だったら空いていたんだろうな・・・ここはちょっと失敗。

ガシガシ歩いて内宮を後にし、伊勢市駅行きバスに乗り込んだ。
このバス、ちょっと運転手さんが曲者と言うかおっちょこちょいと言うか。
常時マイク入れっぱなし。
独り言をぶつぶつ小さい声で言っているのが、バス車内に流れてお客さんたちが、
「何の声?」「心霊現象?」と言わしてしまったり、宇治山田駅のロータリーに入った所で、二重駐車していた車が2台とも出ようとして、その車の一台がブブーっとクラクションを鳴らすと、
「ったく!!ブブーじゃネェよ!!」
と悪態吐いているのも車内に流れて。乗客のカップルたちはシラケ顔状態に。
接客態度や運転が良いだけに・・・無理してストレス溜まってるのかな・・・

乗りたいJRの『快速みえ』発車15分前に、無事伊勢市駅前に到着した。

どうでしょうのサイコロ4的な旅・第3夜その7

JUGEMテーマ:旅行

伊勢うどんの 昼食後、凄まじい人の波を掻い潜ってロータリー近くまで移動する。
そこに何か集まっている別の人だかり。

よくみると・・・

にゃーが1匹。


にゃーが2匹。


にゃーが3匹4匹。ぽかぽか陽気に誘われて、日向ぼっこしながら寝るにゃー。

伊勢神宮内宮は、好い気が漂ってる証拠。
完全に人なれしてて、寝てるのをナデナデしても嫌がらないし。

伊勢神宮内宮って良い所だなぁ〜!

どうでしょうのサイコロ4的な旅・第3夜その6

JUGEMテーマ:旅行

外宮を後にしてバスにて内宮へ移動する。座れなかったが一番前に立つ事ができた。
外宮と内宮間が結構な距離がある。この距離をもってひとつの神宮と呼ぶには無理がある気がする。

内宮近くで渋滞。バスは優先レーンを走るので、渋滞知らずだけどそれでも速度は落ちるし、路地から出てくる車を除けたりするので、動きはかなり鈍い。

内宮前バス停に到着すると、神宮の鳥居と広場が見えた。そっちの方へ進むとロータリーになっていて、国道23号線の終点にもなっていた。

こんな風に「終点」って書かれてるのは結構珍しい。竜飛国道は色々珍しかったけど、二桁国道でもこんな状態なんだな・・・終点は伊勢神宮内宮のロータリー。

参拝前にうどんが食べたくなった。朝からまともに名物を口にしていない。
赤福はネタ土産なので食べる訳にはいかない。
参道に出ると・・・浅草仲見世とほぼ互角の人ゴミだった。こっちの方が道幅が太い分、人の量は多そうだ。
何となく目に入った店にふらりと入る。一人だったら席が空いているとの事で、すんなり席につけた。メニューはあまり種類が無いので即断即決できる。
牛肉入り伊勢うどんを注文した。

あまり汁っ気が無いんだねー。
最近は腰の強いうどんばかり食べていたから、伊勢うどんの柔らかさが物足りなく感じてしまった。十分美味いんだけどね・・・人間の慣れとは恐ろしい感覚だ。 

どうでしょうのサイコロ4的な旅・第3夜その5

JUGEMテーマ:旅行

近鉄の特急伊勢志摩ライナーは定刻どおりに伊勢市駅に到着した。
2時間の旅は長い様な短いような。それにしても、この2時間と言う時間感覚、寝てるなら短いし日中の天気の良い日なら長いと感じるし。
後ろの席に座ってた女性二人は、この2時間ずーーーとお喋りしっ放しだったし。よく話題が尽きないもんだなぁと・・・
伊勢神宮下宮はJR側の改札を通るとのことで、JR参宮線伊勢市駅から出る。

駅から伊勢神宮の入り口まで600m。駅前か参道があるので迷うことはない。それなのに、タクシーが『下宮入り口まで650円』と出しているのは・・・東京なら「歩いた方が早いですよ」と乗車拒否されるような距離だ。

まずまずの人並み。浅草寺の方が10倍人が多いくらいの空いた感じ。普通の速度で歩いてすぐに下宮の鳥居に到着。ここまでの間、伊勢うどんの店はほんの少しだけだった。


駅前なのに 、人の波が途切れるほどの量だった。あまり人が来ていないんじゃないか?と思ったけど、それは大間違いだったのが後で気づく。奥に行くにつれて、人がうじゃうじゃと・・・どこから沸いてきた?と思うほど。駐車場からの道とぶつかって一気に混み始めた。

最初の鳥居・2つ目の鳥居をくぐると、とたんに神気を感じるようになった。
こんな人だらけの神社で珍しい。出雲大社にも無かった神気が伊勢神宮にはあるとは・・・

正宮で参拝する。正面は人間共が蟻のように集っていて邪魔臭いので、横から参拝を済ます。

雑誌に惑わされた参拝方式なんかやった所で無駄だろう。
正宮近くにはなにやら石が合って、大勢の人間達が手のひらを突き出していたが、ストーブじゃねぇんだぞ!その石は。
なんかの力が出ていると本気で考えてんのかね?力点は石と池の間にあったというのに。自分の目と感覚を信じられなければ、全く無意味だ。

いくつかある別宮を見て周るが、ひとつだけ、正宮以上に人間が蟻のように集っている宮があった。あまりにも人間が集りすぎて嫌気が差したので、何の別宮か知らないが、丘の上の別宮。
絶対に異常だこの人間たち・・・穢れって言葉を知らないのかね?知らないんだろうなぁ・・・

せっかくの神気で気分よく、体も魂も力が目覚め始めていたのに、興ざめ。
さっさと内宮に行くことにした。

どうでしょうのサイコロ4的な旅・第3夜その4

JUGEMテーマ:旅行

京都駅に時間通り戻って来れたのは良いけど、京都の食事を一切口にしていない。
湯豆腐屋も見たし、茶寮も見たし、湯葉料理屋も見たし、八ツ橋屋も見た。
全部見ただけ!にしんそばも食べていないし、西京漬けは見ても無い。
何の為の京都巡り???

あまりにも悔しいので、キオスクで生八ツ橋をお土産として購入。どこでも売ってるシリーズではなく、期間限定の桜あん生八ツ橋。
そして近鉄京都駅の改札をとおり、何か食べる物をと見たら、短時間で購入できるのがパンしかない。しかも、カフェドクリエ・・・職場のまん前にもあるよ・・・
京都の街を早朝から激走していたのに、到着の11時過ぎまで待っていられないので、半分仕方なくサンドイッチと2種類のパンを買う。コーヒー付けて900円近くになった。
なんとなく、いろんな意味でもったいないなぁ〜

9:10頃、1番線に伊勢志摩ライナーの車両が入線してきた。最近は鉄道雑誌を読まなくなったので、てっきりビスタカーだと思っていた。この車両なんだ!とかなりワクワク!!

これならね、パンとサンドイッチとコーヒーでも合うな!

定刻に発車した。食べた物・・・記憶に残らないほど胃に瞬殺された。早朝から走りまくってりゃ、それは空腹になるよなぁ〜

伊勢志摩ライナーの停車駅が駅の案内板にも表示されていたが、松坂と伊勢市くらいしか、頭の地図に位置情報が表示されなかった。

伊勢と志摩の間なのに、『宇治山田』って駅名が解せないし。

駅間が長い区間で洗面所に行き、スマホ用モバブを充電を試みる。何せ昨夜の出雲市〜京都の深夜バスで充電していたら、スマホが60%までしか充電できずに、モバブの方が力尽きた。
スマホのバッテリーも40%しか残っていない。充電は急務だったが、最長20分しか充電できなかった。

どうでしょうのサイコロ4的な旅・第3夜その3

JUGEMテーマ:旅行

北野天満宮で、試験合格よりも勉強する気を出させてくれと祈願。毎度の事ながら、追い込まれないと全くその気が出ない。今回もテキストを持って来ているのだが、実際に開いたのは、ものの15分程度。

底冷え激しい京都は、体を動かしているか乗り物に乗っていないと寒くてかなわない。
ということで、次は清水寺だ。本能寺にも二条城にも行かないぞ。
北野天満宮前バス停から三条京阪行きバスに乗り、三条・東山方面に向かう。
金閣寺が北山といいつつ北西、北野天満宮がまぁまぁ北、清水寺は思いっきり東。京都駅は南。
移動距離が思った以上にある為、道路が空いていても時間が掛かる。

清水寺の正確な位置を忘れていた為、三条京阪で下りたが、実際は四条京阪で下りた方が近かった。無駄に15分歩いて、八坂神社前から再びバスに乗り、清水坂で下車。
清水坂の時点ですでに8時過ぎ。タイムリミットも近づいてきたので、清水坂は軽く駆け上る。

(こっちを登ったわけではなく・・・通りすがりに写真を撮っただけ)

観光客なんか殆どいないし、土産物屋も開いていないか開店準備段階。邪魔者は殆どいないので、軽快に坂を早足で進める。
清水寺到着!

最近はここで写真撮るなとかの表示がうるさいね〜
山門の所の石段も駆け上り、入場券が必要になる所でUターン。
これにて清水寺観光終わり(笑)

清水寺観光が終わるということは、京都見物も終わりということ。しかも時間があまり無い。
急いで京都駅に戻らねば・・・清水寺から五条坂を駆け下りて五条坂バス停へ。

・・・
五条通のバス停には、時刻表も行き先も表示が無い。移設跡のようだ。
五条坂方面に駆け戻り、本来のバス停を・・・『工事の為、清水坂方面に100m仮移動中』の表示・・・
Σ(゚Д゚;エーッ!
8時半近いので人も増え、バス停まで走るにしてもかなり邪魔。
そんな時に限ってバスって来るもんだ。京都駅行きバスがバス停に来ていた。もうとにかくダッシュ!
ザックを担いでいてもブレ無いので走りやすいから助かったが・・・
だんだん重くなってるんだよね。何とかバスに間に合った。しかも急行バスなので、途中の停留所は止まらない箇所が何度か。

無事8:50には京都駅烏丸口に到着!!
早朝駆して良かったなーと、烏丸口について思ったのだが、なんだこの修学旅行か遠足だかの、学生の行列は?!
銀閣寺方面バス乗り場なんか、マスコミに取り上げられたばかりのスイーツ店みたいに大行列!!!!
こんな大混雑に巻き込まれないで良かった・・・

| 1/3PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM