エジプト紀行 14日目-3 カイロを存分に練り歩く その1

暇つぶしと言うか見所第2弾。オールドカイロに行ってみる。
タフリール広場の地下鉄駅から4駅で到着。駅の目の前がオールドカイロ地区だった。
オールドカイロはキリスト教の一派であるコプト教の地区。博物館にはもう入るつもりはないし街を歩くとすぐ終わってしまった。土産物屋スークも高級系の為、活気が無く店も静か。
見る所無いなぁと思っていたら、怪しげな地下通路があり、そこから別の場所に行ける事に気づいた。『歩き方』のマップには掘割とある。立派な通路ですよ。降りると味のある路地があった。
オールドカイロ

この雰囲気好きだなと思い、ガンガン奥へ進む。回りは教会と土産物屋だけ。一番奥にあるシナゴークと警官達が教えてくれた所に出る。『品川区』と聞こえたが、それは空耳。
入場料取られるなら入るつもりは無かったが、ここの地区は博物館以外は入場無料のようだ。遠慮なく入る。セキュリティチェックがあっても、日本人だと大抵素通りだ。荷物チェックすらない。
信用されてます日本人。海外に出るときこそ、恥の掻き捨てでは無く襟を正さねばなるまい。
シナゴークの中はこじんまりとしていたが、中は荘厳にして神聖な雰囲気だった。写真・ビデオはNGだったけど、仕方あるまい。こじんまりしてる分だけ入場料無料なのかも。
他の教会にも行ってみたが、自分はキリシタンでない為何がいいのかサッパリ判らず、面白みに欠けた。
シナゴークと路地だけ見ればオールドカイロは終わりだった。

駅に戻って切符を買う。・・・お釣りが無いとの事で、他のお客さん達が切符を買っていくまで待たされた。1ポンドも無いっておかしいよ・・・

サーダートまで戻ってきてから次を考える。やはりお土産物探しと観光を一挙両得できるハーン・ハリーリに行ってみようと思う。その前に腹ごしらえと財布の中身と相談。100ポンドだらけで小銭が無い。この際両替を少々やって、その時小銭にしてもらおう。
昼食はコシャリにしてしまった。夕飯は少し考えよう。


calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM