エジプト紀行 15日目-1 エジプト最終日・帰国の日

朝5時半には起きてしまった。幸いな事にこのホテルは無線LANがあるからネットをしよう。・・・無線LANのスイッチ切られてる・・・アクセスポイントが消えてる・・・
6時頃にはアクセスポイントが復活していたので、メールなどをチェックする。早朝だけにネットの速度は素晴らしく快適でニュースも株価もガンガンチェックできる。GW明け(自分のようにまだ続くのも居るが)にいきなり横須賀線が止まったとか、日経平均爆上げとか日本時間午前中のニュースを確認できた。

8時頃に朝食に行く。ここの従業員はなかなかつまらんジョークが好きで、
朝からそんな冗談言うなよと思う。「君の朝食は明日だ」とかさぁ〜
ここの朝食はパン3本とチーズ2個とジャム・シャーイだった。ゆで卵は無いんだ〜
朝食
不満があれば外に食いに行っても良いんだしね。アメリカの番組を見ながら朝食を食べる。この床に座って食べる形式って、日本や東南アジアビーチの小型リゾートみたいだ。
食後は部屋に戻って身支度と出発準備と、暇つぶしの筋トレで時間を費やす。出発準備をしなくちゃなと思ったら、口から出たのは「帰り支度したくねーー」だった。
いつの間にやらエジプトにハマりつつある自分に驚き。
ただメンドクサイだけなのかもしれないけど、カイロ(ギザ)・ルクソール・アスワンのナイル三都物語しかやってないから、物足りないのは承知。
ここに置いていく物は余った髭剃り・虫除けスプレー・サンダルだ。虫除けは誰かが使ってくれると良いな。カイロ辺りは蚊が多いから重宝する筈だ。

11時半になり、チェックアウトする。清算は当然無いから鍵を返して外に出る。やはりカイロは涼しい。この時間のルクソールやアスワンなど灼熱地獄だった。今朝MSNの天気予報を見たら、流石に30数度に落ちていたみたいだ。天気も曇りみたいだし。
人ごみを抜けてタフリール東バスターミナルへ向かう。前回来た時なんか、やたらと詐欺系が声をかけてきたのに今回は全くのゼロ。前回もこうであれば心象もっと良かったのにな。

バスターミナルから昨日見当をつけていたバスを見つけて乗車。どこまで乗っても2ポンドだ。発車まで時間があるから、ガラガラ状態だったが発車近くになるとどこからともなく飛び乗ってくる。
ひたすら大渋滞のカイロ市街地を縫う様にバスは走るのだが、混雑の原因がなんとなく判った。カイロの幹線道路は車線が無い!消えているのか書いていないのか不明だけど、車線がないから適当な場所を走り、クラクションを鳴り捲る・そこ等彼処で止まりまくるという状況が発生するようだ。
大阪のような2重路駐は当たり前、場所によっては3重駐車だもんな。(大阪でも極稀にあるというが)
渋滞を抜け、アッチコッチをUターンしまくり、何処走ってるのか皆目見当つかず1時間ちょっとでカイロ国際空港の駐車場に着いた。ここで空港内シャトルバスに乗り換え。路線バスのバス停と、シャトルバスのバス停は50mほど離れている事に最初は気づかず、5分ほど同じ場所で待ってしまった。その後シャトルバス乗り場に移動し、無事第2ターミナル到着。

チェックインカウンターの案内はあっても、中に入るにはセキュリティチェックを通らねばならず、しかもカウンターには人が居ないので入っても意味がない。ちょっと早すぎたかも。
空港探検をしてみようと思い立ち、あちこち移動してみる。到着ロビーに行くと特に何も無かったが、その地下には空港関係者達が使いまくっている軽食店があった。フライトまで時間があるのでカツサンドみたいなパンを1個所望。値段は10ポンドと街中と比べるとかなり高額だった。
十分腹持ちしたけどね。


calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM