どうでしょう的深夜特急 第6夜 その3

JUGEMテーマ:旅行

2011/5/3(火)
日中観光を終えて、午後の日差しのきつさと気温上昇に耐えかねて、リスボアカジノへ。
エアコンがガンガン効いてて気持ち良いが、座ってられるところが無いのでお隣のグランドリスボアへ移動。こちらは電子マシンばかりなので空き席も多く、お金を投入していなくても座ってられるし、なんといっても飲み物ワゴンが巡回しているので飲み物には困らない(笑)

1杯のコーラを貰ってから、ノンビリと20HK$をスロットマシンに投入して、ちょっとやってみた。
・・・ボーナス連続ででてフィーバー!レートが0.05セントという小額だった為、大当たりして100HK$止まりだったが、始めてから5分足らずで5倍になった。
ここで勝ち逃げすればよかったのに、少しずつ小勝ちしてから減り始め、30分後にはゼロになった。この間にもう1杯コーラを貰ってしまったのが、席を離れられなくなった一因。

次にルーレットの台に移動。こちらもあっという間に2倍弱までは行ったが、目の数がゼロが出てから出るパターンが換わり結局200HK$の負け。この時もうっかり紅茶をもらってしまっていた。
グランドリスボアの手口恐るべし。
無料のドリンクを飲んでいると何故か負ける。それも勝って逃げられず、欲望が強くなり気がついたら掛け金がなくなっているパターン。この後他のスロット台でも20HK$ずつやってみたが、当たる事はもうなかった。
合計260HK$の負け。
さっき大砲台で『目標グランドリスボア!撃てぇ!!』なんてやったからその仕返しか?
だとしたら、恐ろしい報復システムだ・・・

負けを広げるのは得策ではなく、昼ご飯も抜いているのでちょっと早めに夕食へ。
フェリーターミナル方面に歩いていき、新口岸辺りで北京餃子の店がいくつかあったので、その中でも盛況な店に入る。

水餃子の店だからと、水餃子を注文。それと野菜不足もあり茹で野菜(油菜)と炸醤麺を注文。
注文して暫くして、自分が大間違いを犯したことを思い知らされた。
炸醤麺は丼大盛。美味かったけど。


水餃子も10個あった。美味かったけど、一つ一つがぎっしり詰まっていて量がちょっと多い。


とどめに茹で野菜。何たる大盛。2人前どころか3人前の量だった。


とてもで食べきれず、主食は何とか食べたが、特に茹で野菜はほとんど箸をつけられないで終わったので、持ち帰りにしてもらうことにした。ここではっきりと確信したが、マカオは普通話がちゃんと通用するようになっていた。
以前は広東語かポルトガル語だったが、普通話が使えるのはこっちが凄く楽。意思疎通を図れる。

フェリーターミナルまで歩いて戻り、いったんホテルに戻る。
茹で野菜は明日の朝食にしよう・・・



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM