2012年台北食い倒れの旅 2日目 下午

JUGEMテーマ:旅行

和昌茶荘さんでお茶を買って、今度は西門町に移動。
親のリクエストで以前食べに行った鴨肉扁へ。

いつも夜しか来た事無かったけど、日曜の日中も混んでるもんだ。

オーソドックスに鴨肉麺と鴨肉(ガチョウ)の皿・300元を注文。




久しぶりに食べたけど美味かった。
食後は軽く西門町を周って、峰圃茶荘さんまで歩き。
ティーバックの烏龍茶は峰圃茶荘さんの方が種類豊富なので、お土産用はこっちで買うことに。
ただ、試飲させてくれないんだよね・・・
美味しそうな鳳梨酥があったので購入。
教えてもらったけど、安い鳳梨酥は冬瓜が入っているそうだ。
峰圃茶荘さんのはパイナップル100%で冬瓜なしとの事。試食したら本当に美味しかった。

荷物を置きにホテルに戻り、一休みしてから元気養生会館へ親も連れて行く。
今回は整体がメインで予約してあり、追加で足裏も30分コースを付けたら、陳先生のサービスで100分1500元のコースと同じ料金にしてくれた。余裕を持って資金用意してきたのに、半分も不用になってしまった。
陳先生ありがとう。

夕飯は松江南路近くの好記担仔麺店へ。

去年も来た店だけど美味しいし担仔麺は安めだし、豆腐料理が激ウマだし、なんと言っても店の作りがユニークと言うか不思議なので、電車賃をかけてまた来てしまった。

今回も担仔麺と海老の揚巻(海老のつみれフライだった)


好記豆腐とイカの香味炒め


今回も担仔麺をお代わりしてしまった。

食後はビールを欲する親を連れて、台湾ビールの工場にあるという、ビアバーへ歩いていく。
松江南路の駅を挟んで1:3の割合で離れているので、付くまでに時間がかかってしまった。
場所の正確な位置が地球の歩き方の地図じゃわかりにくいし。
というか、道の表記が工場敷地内まで書いているから・・・入り口がやっとと見つかった感じで。

しかも、工場のビール倉庫を使ったビアバーってことで、工場の敷地内奥にその店・346は在った。



こんな場所でも8割以上埋まっている状態。すごいなぁ・・・
キャラクター化されている二人のおっさんが一番気になるんだけど、あれ誰なんだ?

内部のシステムは、食券制の基本セルフサービス。瓶ビールと樽ビールと料理は運んでくれるけど、その他は自分で。
構造も屋台風味だった。


まずは、生ビールと海老のビール付けを注文。
本当にサーバから出る生ビールだ。台湾では珍しい。中ジョッキで1杯90元。
安い安い(笑)

あっという間に飲み干して、次のビールはマンゴービール(瓶)にした。

このビールもやっぱりマンゴーが強く出ている。
よく見たら、アルコール度数が5%ではなく、果汁が5%でアルコール度数は2.8%だった。
これでは確かにフルーツが強く出るよね。

ジョッキ1杯と大便のマンゴービールを2人で1本飲んで終わり。
帰りが忠孝新生駅まで歩いたが、道が斜めなので迷ってしまった。



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM