2013年2月・3連休の関西旅 1日目・滋賀

JUGEMテーマ:旅行

2013年2月9日

初めての京阪線だ。浜大津行きの直通電車に乗り込む。
ロングシートじゃなく、前方向を向いてる1-2シートだった。これも色々驚き。
市営地下鉄と分離する蹴上を出て地上区間になるとJRと並走したり、止まる駅がとにかくローカル線色いっぱいで驚き。都市間私鉄のイメージだったんだけど。
山越えに掛かると、ずいぶんな急勾配だなぁと乗っていて判るレベル。色々凄いぞ。

そして、山越えを終えたと思ったら、道路に出た・・・併用軌道区間があったのか?!
地下鉄に乗り入れる車両が山越えしてしかも併用軌道とは。
かなり珍しいんじゃないかと思ってぐぐってみたら、全国でここだけらしい。
知らないで来ちゃった(笑)
浜大津に近づくと、道路の交差点カーブのままに駅に入る構造なので、色々驚き。前方には琵琶湖が見えているし。
江ノ電もビックリだわ。
何となく乗ってみたかっただけだけど、ここは降りて写真撮りまくりに決定!

浜大津駅側から(5D  Mark2)


浜大津駅と交差点を挟んだトコから(5D  Mark2)

広告車両だったらしい。

浜大津駅の交差点斜め向かい側から(5D  Mark2)


同じ所・浜大津駅の交差点斜め向かい側から(5D  Mark2)


小学生と一緒に夢中になって撮影してしまった。精神年齢がまったく一緒(笑)

30分ほど浜大津駅前で撮影をして、琵琶湖からの風も冷たく寒いので、彦根に出るために次の行動に出る。まずはJR大津駅に出ることにする。
大体の地図を見て歩くと、旧東海道を進んでも行ける事が判ったのでそちらを歩く。
20年ほど前に京都に向かって歩いたはずだが、全然記憶に残っていない。おかしいなぁ?

大津駅にたどり着く前に空腹になり、駅近くのローソンに入ると御当地おにぎりとして近江牛のおにぎりがあったので購入。なかなか濃厚な感じで美味。

大津から彦根までの切符を購入。1000円近くする・・・高いなぁ・・・
新快速に乗らないと彦根まで到達しない為、電車の待ち時間を駅構内でつぶす。
大津の観光案内所に入ると、ここは『かるた』に縁があるとか、『ちはやふる』の聖地だとか(;・∀・)
また聖地かよ・・・ orz アニメの聖地めぐりしてるつもりじゃないのに、あまり知られていない聖地が多すぎ。最近じゃ飯能・天覧山すら聖地になってしまったらしいし。

新快速に乗って彦根に移動。新快速は相変わらず速い。一番速い線区は京阪間だと思うけど、米原までも飛ばす飛ばす。

彦根に着いて改札前でひこにゃんがお出迎え。
彦根駅を挟んで西側が井伊家彦根城、東側が石田光成の佐和山城址。ここ凄い立地だわ。
今回投宿するホテルは東側の駅前に位置するコンフォートホテル。
階段を下りると近江鉄道が・・・というか、西武鉄道の車両がずらりと。
西武線で使わなくなった車両って、こっちまで持ってきてるんだ・・・

ホテルにチェックインして、少し落ち着いてから夕食探しで駅の西側へ移動。
まずは彦根城を軽く外でも見ておきたくて、彦根城まで歩く。
冷え込んで凛としながら、ライトアップされた国宝の彦根城天守閣は美しい。


夕食探しに出たのに、入りたくなるような店が見つからない。何となく気になった店は20時で閉店だとか、本日定休日だとか、そんな店ばかり。
そんな時裏路地にふらりと入った所で見つけたのが、『京風串かつ 若』と言うお店。

裏路地でもやっていける、この雰囲気。絶対美味しいに違いない。
入ってみたらほぼ満席&予約席。たまたま空いていた板さんの真正面のカウンター席を案内された。
ここ特等席じゃん!ラッキーである。
基本的に飲み物とコースを選んで注文するスタイル。地元の日本酒と手ごろ価格なコースを注文。

串かつは出てくる度につける味を教えてくれるので、出来立てを即座に食べてしまったが、激ウマ!入った見立ては間違いが無かった。
コース料理の湯豆腐も美味。最後にコースの〆のご飯物に和歌山の目張り寿司をお願いしたけど、これすら美味しかった。
城下町には必ず美味しい店があるというのは自分の持論だけど、今回も間違いが無かった。


calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM